トップ

葬儀の弔電の出し方

葬儀に参列出来ない時は

葬儀の際の弔電について

友人や仕事関係の方がお亡くなりになった時、葬儀に行ける場合とそうでない場合があります。行けない場合はどうすればよいのでしょう。香典は、お葬式に行かれる方に預けるか、または現金書留で送りましょう。送るのであればお葬式当日などは混乱して紛失の元になりますから、お葬式が終わって一段楽した頃にしましょう。お葬式当日または前日に届くよう、弔電を打ちましょう。どんな内容にすればよいのか悩むところですが、文例が豊富に揃っていて、番号で選べますので、どうしても分からない時は定型分でよいでしょう。または、文末に故人へのお礼を添えるとよいでしょう。葬儀の日や時間、場所が分かれば配達をしてくれます。

弔電文例の内容マナー

葬儀の前にやむおえない通夜や葬儀に参列が出来ない時に送る「弔電文例」の内容を書く時には、さまざまなマナーがあります。まず、故人との続柄として敬称で書くという事です。例えば、夫の場合は、ご尊父様やお父様、お父上様、母の場合はご母堂様やお母様、お母上様、妻の場合はご令室様やご冷闇様、夫の場合はご主人様やご夫君様などと書きます。次に、忌み言葉を覚えておく事です。繰り返し言葉やそのようなものをさす言葉は遠慮しておいた方がおすすめです。そのほかにも、弔電文例を受け取ったときにお礼状を出す時にもマナーがあります。それは、忌み言葉を気をつける事です。

葬儀に参列の際の情報

新着情報

↑PAGE TOP